洛陽牡丹磁器株式会社
花皿
花皿

01-11
花皿
花皿

01-11
牡丹シリーズ(花皿)
牡丹シリーズ(花皿)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。作品では、おっとりと美しい牡丹が生い茂り、牡丹の花が次々と開花し、無限の生命力に満ちており、その花は色があっさりして上品で、朝露の中でひとしきり発するすがすがしい香りの潤い、実り多い姿は華麗な富貴さを現しています。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

01-11
牡丹シリーズ(花皿)
牡丹シリーズ(花皿)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。作品では、おっとりと美しい牡丹が生い茂り、牡丹の花が次々と開花し、無限の生命力に満ちており、その花は色があっさりして上品で、朝露の中でひとしきり発するすがすがしい香りの潤い、実り多い姿は華麗な富貴さを現しています。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

01-11
花皿
花皿

01-11
牡丹シリーズ(板壁)
牡丹シリーズ(板壁)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した大型芸術傑作です。作品ではなまめかしくはにかんだようなしっとりとした牡丹は、緑の葉の互いに引き立てあう中で競い合って咲き、満開のみずみずしい牡丹の花は大きく、あでやかに滴を欲する姿は妖艶です。まさに次の詩の通りです。“未熟で若々しい様子は鮮やかで、輝く朝焼けのように美しい。”と。最も美しい祝福を送った作品です。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

01-10
牡丹シリーズ(板壁)
牡丹シリーズ(板壁)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した大型芸術傑作です。作品ではなまめかしくはにかんだようなしっとりとした牡丹は、緑の葉の互いに引き立てあう中で競い合って咲き、満開のみずみずしい牡丹の花は大きく、あでやかに滴を欲する姿は妖艶です。まさに次の詩の通りです。“未熟で若々しい様子は鮮やかで、輝く朝焼けのように美しい。”と。最も美しい祝福を送った作品です。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

01-10
ハスの花シリーズ(板壁)
ハスの花シリーズ(板壁)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。ハスの花は清らかで美しく、詩に有るように“水の波があでやかに揺れる緑の池は銀河に接し、オールを押して白い浮き草に入る。洛の神様が波の上を歩かれるように、今もなおハスには香りの跡がある。”この作品は一枝のハスの花が泥の中から出ていて、池に清らかなさざ波が満ちているのがとても美しいと言うべきである。葉の群れは支え合い、ただ一枝の花を咲かせる。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

01-10
花籠
花籠

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて設計した、手捻りの牡丹磁器の芸術傑作です。作品では満開の牡丹の花が透き通った明るい色彩で、まるでいっぱいの春色を袋の中に収めたようであり、同時に富貴な牡丹と花籠状の磁器が一緒にあることを象徴し、“富貴さを収める”というすばらしい寓意を含んでいます。

01-10
花皿
花皿

01-10
牡丹シリーズ(板壁)
牡丹シリーズ(板壁)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した大型芸術傑作です。作品ではなまめかしくはにかんだようなしっとりとした牡丹は、緑の葉の互いに引き立てあう中で競い合って咲き、満開のみずみずしい牡丹の花は大きく、あでやかに滴を欲する姿は妖艶です。まさに次の詩の通りです。“未熟で若々しい様子は鮮やかで、輝く朝焼けのように美しい。”と。最も美しい祝福を送った作品です。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

01-10
牡丹シリーズ(花皿)
牡丹シリーズ(花皿)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。作品では、おっとりと美しい牡丹が生い茂り、牡丹の花が次々と開花し、無限の生命力に満ちており、その花は色があっさりして上品で、朝露の中でひとしきり発するすがすがしい香りの潤い、実り多い姿は華麗な富貴さを現しています。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

01-10
牡丹シリーズ(花皿)
牡丹シリーズ(花皿)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。作品では、おっとりと美しい牡丹が生い茂り、牡丹の花が次々と開花し、無限の生命力に満ちており、その花は色があっさりして上品で、朝露の中でひとしきり発するすがすがしい香りの潤い、実り多い姿は華麗な富貴さを現しています。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

01-10
牡丹シリーズ(盆景)
牡丹シリーズ(盆景)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて作り出した、彫塑と彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。小さな盆飾りは伝統的な鼓型の台座によって、“一気に物事を成し遂げる”の節操に満ち溢れており、おっとりと美しい牡丹の花が満開に生い茂り、大度で美しくて、高貴な優美さを作品に与えています。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

01-10
花瓶
花瓶

12-27
花瓶
花瓶

12-27
磁器鼎
磁器鼎

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて設計した、手捻りと彫刻の完璧な融合の芸術一流品です。鼎は、古の政権の象徴であり、大きい器量を有しており、牡丹は現在富貴の代表であり、高貴な風格を有しています。鼎の上に牡丹の花が盛んに咲き、富貴、大気、繁栄、隆盛を一体に集め、すばらしい祝福をその中に表しています。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

12-27
磁器鼎
磁器鼎

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて設計した、手捻りと彫刻の完璧な融合の芸術一流品です。鼎は、古の政権の象徴であり、大きい器量を有しており、牡丹は現在富貴の代表であり、高貴な風格を有しています。鼎の上に牡丹の花が盛んに咲き、富貴、大気、繁栄、隆盛を一体に集め、すばらしい祝福をその中に表しています。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

12-27
花籠
花籠

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて設計した、手捻りの牡丹磁器の芸術傑作です。作品では満開の牡丹の花が透き通った明るい色彩で、まるでいっぱいの春色を袋の中に収めたようであり、同時に富貴な牡丹と花籠状の磁器が一緒にあることを象徴し、“富貴さを収める”というすばらしい寓意を含んでいます。

12-27
花籠
花籠

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて設計した、手捻りの牡丹磁器の芸術傑作です。作品では満開の牡丹の花が透き通った明るい色彩で、まるでいっぱいの春色を袋の中に収めたようであり、同時に富貴な牡丹と花籠状の磁器が一緒にあることを象徴し、“富貴さを収める”というすばらしい寓意を含んでいます。

12-27
梅の花シリーズ(板壁)
梅の花シリーズ(板壁)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、山の彫刻と彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。春風は錦のように軽く頬をなで、錦のような気骨がある梅の花は満開になって発散する深い詩の味わいがあります。枝に止まっている一組の仲むつまじい画眉鳥は更に喜びを無限にさせます。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-11
牡丹磁器屏風
牡丹磁器屏風

牡丹磁器小型装飾屏風シリーズは古典屏風の完璧な工芸を受け継いでおり、彫刻細工はきめ細やかでないものは無く、彩が出ている;完全な手作業で作った磁器の花を飾り、中国木彫り文化と相まっていっそうすばらしく、渾然として一体をなし、その高貴な優美さを余すところ無くさらけ出しており、自らその場で一種の調和をなし、落ち着いている美しさを現しています。

11-11
牡丹磁器屏風
牡丹磁器屏風

牡丹磁器小型装飾屏風シリーズは古典屏風の完璧な工芸を受け継いでおり、彫刻細工はきめ細やかでないものは無く、彩が出ている;完全な手作業で作った磁器の花を飾り、中国木彫り文化と相まっていっそうすばらしく、渾然として一体をなし、その高貴な優美さを余すところ無くさらけ出しており、自らその場で一種の調和をなし、落ち着いている美しさを現しています。

11-11
牡丹磁器屏風
牡丹磁器屏風

牡丹磁器小型装飾屏風シリーズは古典屏風の完璧な工芸を受け継いでおり、彫刻細工はきめ細やかでないものは無く、彩が出ている;完全な手作業で作った磁器の花を飾り、中国木彫り文化と相まっていっそうすばらしく、渾然として一体をなし、その高貴な優美さを余すところ無くさらけ出しており、自らその場で一種の調和をなし、落ち着いている美しさを現しています。

11-11
洛刺繍シルク製品シリーズ
洛刺繍シルク製品シリーズ

牡丹磁器洛刺繍シルク製品は洛陽牡丹磁器株式会社と清華大学美術学院によって、共同で研究開発設計された作品です。今と昔の対比を活用し、流行と伝統を互いに併せた創作手法で、中国伝統シルクの巧みな技術を用い、国際的に一流の現代設計の理念を以って古都洛陽の錦刺繍の風貌と融合し、一体となり、芸術的な手段で昔のシルクロード等の河洛文化の魅力的な風采を演繹しています。

11-11
洛刺繍シルク製品シリーズ
洛刺繍シルク製品シリーズ

牡丹磁器洛刺繍シルク製品は洛陽牡丹磁器株式会社と清華大学美術学院によって、共同で研究開発設計された作品です。今と昔の対比を活用し、流行と伝統を互いに併せた創作手法で、中国伝統シルクの巧みな技術を用い、国際的に一流の現代設計の理念を以って古都洛陽の錦刺繍の風貌と融合し、一体となり、芸術的な手段で昔のシルクロード等の河洛文化の魅力的な風采を演繹しています。

11-11
洛刺繍シルク製品シリーズ
洛刺繍シルク製品シリーズ

牡丹磁器洛刺繍シルク製品は洛陽牡丹磁器株式会社と清華大学美術学院によって、共同で研究開発設計された作品です。今と昔の対比を活用し、流行と伝統を互いに併せた創作手法で、中国伝統シルクの巧みな技術を用い、国際的に一流の現代設計の理念を以って古都洛陽の錦刺繍の風貌と融合し、一体となり、芸術的な手段で昔のシルクロード等の河洛文化の魅力的な風采を演繹しています。

11-11
洛刺繍シルク製品シリーズ
洛刺繍シルク製品シリーズ

牡丹磁器洛刺繍シルク製品は洛陽牡丹磁器株式会社と清華大学美術学院によって、共同で研究開発設計された作品です。今と昔の対比を活用し、流行と伝統を互いに併せた創作手法で、中国伝統シルクの巧みな技術を用い、国際的に一流の現代設計の理念を以って古都洛陽の錦刺繍の風貌と融合し、一体となり、芸術的な手段で昔のシルクロード等の河洛文化の魅力的な風采を演繹しています。

11-11
洛刺繍シルク製品シリーズ
洛刺繍シルク製品シリーズ

牡丹磁器洛刺繍シルク製品は洛陽牡丹磁器株式会社と清華大学美術学院によって、共同で研究開発設計された作品です。今と昔の対比を活用し、流行と伝統を互いに併せた創作手法で、中国伝統シルクの巧みな技術を用い、国際的に一流の現代設計の理念を以って古都洛陽の錦刺繍の風貌と融合し、一体となり、芸術的な手段で昔のシルクロード等の河洛文化の魅力的な風采を演繹しています。

11-11
磁器鼎
磁器鼎

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて設計した、手捻りと彫刻の完璧な融合の芸術一流品です。鼎は、古の政権の象徴であり、大きい器量を有しており、牡丹は現在富貴の代表であり、高貴な風格を有しています。鼎の上に牡丹の花が盛んに咲き、富貴、大気、繁栄、隆盛を一体に集め、すばらしい祝福をその中に表しています。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-07
ハスの花シリーズ(板壁)
ハスの花シリーズ(板壁)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。ハスの花は清らかで美しく、詩に有るように“水の波があでやかに揺れる緑の池は銀河に接し、オールを押して白い浮き草に入る。洛の神様が波の上を歩かれるように、今もなおハスには香りの跡がある。”この作品は一枝のハスの花が泥の中から出ていて、池に清らかなさざ波が満ちているのがとても美しいと言うべきである。葉の群れは支え合い、ただ一枝の花を咲かせる。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-03
牡丹シリーズ(板壁)
牡丹シリーズ(板壁)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した大型芸術傑作です。作品ではなまめかしくはにかんだようなしっとりとした牡丹は、緑の葉の互いに引き立てあう中で競い合って咲き、満開のみずみずしい牡丹の花は大きく、あでやかに滴を欲する姿は妖艶です。まさに次の詩の通りです。“未熟で若々しい様子は鮮やかで、輝く朝焼けのように美しい。”と。最も美しい祝福を送った作品です。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-03
牡丹シリーズ(板壁)
牡丹シリーズ(板壁)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した大型芸術傑作です。作品ではなまめかしくはにかんだようなしっとりとした牡丹は、緑の葉の互いに引き立てあう中で競い合って咲き、満開のみずみずしい牡丹の花は大きく、あでやかに滴を欲する姿は妖艶です。まさに次の詩の通りです。“未熟で若々しい様子は鮮やかで、輝く朝焼けのように美しい。”と。最も美しい祝福を送った作品です。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-03
ハスの花シリーズ(板壁)
ハスの花シリーズ(板壁)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。ハスの花は清らかで美しく、詩に有るように“水の波があでやかに揺れる緑の池は銀河に接し、オールを押して白い浮き草に入る。洛の神様が波の上を歩かれるように、今もなおハスには香りの跡がある。”この作品は一枝のハスの花が泥の中から出ていて、池に清らかなさざ波が満ちているのがとても美しいと言うべきである。葉の群れは支え合い、ただ一枝の花を咲かせる。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-03
ハスの花シリーズ(板壁)
ハスの花シリーズ(板壁)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。ハスの花は清らかで美しく、詩に有るように“水の波があでやかに揺れる緑の池は銀河に接し、オールを押して白い浮き草に入る。洛の神様が波の上を歩かれるように、今もなおハスには香りの跡がある。”この作品は一枝のハスの花が泥の中から出ていて、池に清らかなさざ波が満ちているのがとても美しいと言うべきである。葉の群れは支え合い、ただ一枝の花を咲かせる。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-03
牡丹シリーズ(板壁)
牡丹シリーズ(板壁)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した大型芸術傑作です。作品ではなまめかしくはにかんだようなしっとりとした牡丹は、緑の葉の互いに引き立てあう中で競い合って咲き、満開のみずみずしい牡丹の花は大きく、あでやかに滴を欲する姿は妖艶です。まさに次の詩の通りです。“未熟で若々しい様子は鮮やかで、輝く朝焼けのように美しい。”と。最も美しい祝福を送った作品です。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-03
金牡丹杯
金牡丹杯

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめてデザインした、手作業で白地を引き伸ばした、彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。金色の牡丹の花が杯本体の上に盛大に咲き誇り、杯にとても強い富貴の気を発散させており、簡潔な杯の形は一種の大きい器量を際立たせ、穏健な姿を極めています。良いお茶に取り合わせる良い器は茶の香り、暮らしを生み出します。磁器の調べを花の魂は、永遠に美しいです。

11-03
皇室杯
皇室杯

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめてデザインした、手作業で白地を引き伸ばした、彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。作品は赤色を中心として、姿はふくよか、“花の王”“花の皇后”と賞賛されている姚の黄色、魏の紫牡丹の紋様をつけられ、錦の上に花を添えられたような、富貴この上ない作品と言えます。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-03
扒花富貴杯
扒花富貴杯

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が景徳鎮で飛びぬけてすぐれている扒花工芸と国家の牡丹紋様を総合しデザインした芸術傑作です。作品は珍しい松石緑を主色に、大きくふくよかな杯本体の上におおらかで豪華な牡丹の花が付いており、花が咲く含みを持ち富貴さを失っていません。良いお茶、良い器、良い暮らし。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-03
花皿
花皿

11-03
花皿
花皿

11-03
ハスの花シリーズ(花皿)
ハスの花シリーズ(花皿)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。作品では、幾重の緑の木の葉が重なり、青いハスの葉には水の珠、すらりとしなやかなハスの花を際立たせおり、緑の糸が赤い緞子を際立たせている如く、澄み切った穏やかな湖面に浮かび、天然で純朴で、見る人の心と目を楽しませ、本当に“ハスの花は清水より出でて、自然で彫刻なし”と言うべきであります。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-03
花皿
花皿

11-03
牡丹シリーズ(花皿)
牡丹シリーズ(花皿)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。作品では、おっとりと美しい牡丹が生い茂り、牡丹の花が次々と開花し、無限の生命力に満ちており、その花は色があっさりして上品で、朝露の中でひとしきり発するすがすがしい香りの潤い、実り多い姿は華麗な富貴さを現しています。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-03
花皿
花皿

11-03
ハスの花シリーズ(花皿)
ハスの花シリーズ(花皿)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。作品では、幾重の緑の木の葉が重なり、青いハスの葉には水の珠、すらりとしなやかなハスの花を際立たせおり、緑の糸が赤い緞子を際立たせている如く、澄み切った穏やかな湖面に浮かび、天然で純朴で、見る人の心と目を楽しませ、本当に“ハスの花は清水より出でて、自然で彫刻なし”と言うべきであります。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-03
ハスの花シリーズ(花皿)
ハスの花シリーズ(花皿)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。作品では、幾重の緑の木の葉が重なり、青いハスの葉には水の珠、すらりとしなやかなハスの花を際立たせおり、緑の糸が赤い緞子を際立たせている如く、澄み切った穏やかな湖面に浮かび、天然で純朴で、見る人の心と目を楽しませ、本当に“ハスの花は清水より出でて、自然で彫刻なし”と言うべきであります。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-03
ハスの花シリーズ(花皿)
ハスの花シリーズ(花皿)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。作品では、幾重の緑の木の葉が重なり、青いハスの葉には水の珠、すらりとしなやかなハスの花を際立たせおり、緑の糸が赤い緞子を際立たせている如く、澄み切った穏やかな湖面に浮かび、天然で純朴で、見る人の心と目を楽しませ、本当に“ハスの花は清水より出でて、自然で彫刻なし”と言うべきであります。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-03
花皿
花皿

11-03
花皿
花皿

11-03
花皿
花皿

11-03
ハスの花シリーズ(花皿)
ハスの花シリーズ(花皿)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。作品では、幾重の緑の木の葉が重なり、青いハスの葉には水の珠、すらりとしなやかなハスの花を際立たせおり、緑の糸が赤い緞子を際立たせている如く、澄み切った穏やかな湖面に浮かび、天然で純朴で、見る人の心と目を楽しませ、本当に“ハスの花は清水より出でて、自然で彫刻なし”と言うべきであります。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-03
花皿
花皿

11-03
花皿
花皿

11-03
ハスの花シリーズ(花皿)
ハスの花シリーズ(花皿)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。作品では、幾重の緑の木の葉が重なり、青いハスの葉には水の珠、すらりとしなやかなハスの花を際立たせおり、緑の糸が赤い緞子を際立たせている如く、澄み切った穏やかな湖面に浮かび、天然で純朴で、見る人の心と目を楽しませ、本当に“ハスの花は清水より出でて、自然で彫刻なし”と言うべきであります。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-03
花皿
花皿

11-03
花皿
花皿

11-01
牡丹シリーズ(花皿)
牡丹シリーズ(花皿)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。作品では、おっとりと美しい牡丹が生い茂り、牡丹の花が次々と開花し、無限の生命力に満ちており、その花は色があっさりして上品で、朝露の中でひとしきり発するすがすがしい香りの潤い、実り多い姿は華麗な富貴さを現しています。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-01
ハスの花シリーズ(花皿)
ハスの花シリーズ(花皿)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、浮き彫りと彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。作品では、幾重の緑の木の葉が重なり、青いハスの葉には水の珠、すらりとしなやかなハスの花を際立たせおり、緑の糸が赤い緞子を際立たせている如く、澄み切った穏やかな湖面に浮かび、天然で純朴で、見る人の心と目を楽しませ、本当に“ハスの花は清水より出でて、自然で彫刻なし”と言うべきであります。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-01
花開昇望
花開昇望

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめてデザインした、手捻りと織りと彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。作品は“卵”の形態で現れ、“卵”はこの世の人々に称えられる“希望の星”であり、大きくて豊かなその姿態の上に牡丹が巻きついている。その花が盛んに咲き、おおらかで豪華です。それには美しい祝福が込められています。

11-01
富貴如春
富貴如春

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめてデザインした、手捻りと織りと彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。作品は織りの玉壷春を主題としており、春のような友好、氷のように清らかで玉のようにきれいであること、正々堂々たることを象徴し、唐の時代の王昌齢の詩の如く、“ 洛陽の親友如し相聞わば 一片の氷心玉壷に在り。” その大きくて豊かな姿態の上に牡丹が巻きついており、まるで華麗な衣装で体の半分を覆ったように、含蓄と富貴を現しています。良い器は良い祝福を表しています。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-01
牡丹シリーズ(盆景)
牡丹シリーズ(盆景)

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて作り出した、彫塑と彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。小さな盆飾りは伝統的な鼓型の台座によって、“一気に物事を成し遂げる”の節操に満ち溢れており、おっとりと美しい牡丹の花が満開に生い茂り、大度で美しくて、高貴な優美さを作品に与えています。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-01
富貴な筆筒
富貴な筆筒

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、手捻りと織りと彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。筆筒の織り紋様と透かし彫りの効果は製品に精巧な美しさを与え、赤色の体は喜びの雰囲気で満ち溢れ、姚の黄色牡丹は艶かしく、おっとりして美しいです。良い器には良い祝福が込められています。磁器の調べと花の魂は、永遠に美しいです。

11-01
乗風富貴な果実皿
乗風富貴な果実皿

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて形作った、手捻りと織りと彩色上絵が完璧に融合した芸術傑作です。たくさんの立派な果物を盛る果物鉢として使用することにより、豊作への思いを表現しています。皿の中でおおらかで華麗な牡丹が次々と開花し、富貴な姿が浮かび上がります。“盛豊”と“乗風”は発音が同じなので、“乗風富貴”と言うべきであります。

11-01
唐韻待女
唐韻待女

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて設計した牡丹磁器人物像芸術品です。洛陽古都には千年の文化伝承があり、それは東方古典の美を備え、優雅で聡明で威厳があり、おおらかで豪華で上品であり、大家の娘の気質を兼ね備えています。高貴で優美であり、天真さと青春時代のエネルギーの豊かさが溢れています。おおらかで豪華な姿は自然で非常に優れた優雅な調べを表し出しています。その顔は満月のようで、体は大きくふっくらとしていて、服装はモダンであり、才気と夢に溢れています。これは唐の栄えた時代の独特の文化景観です。

11-01
盧舎那大仏
盧舎那大仏

この種類の作品は洛陽牡丹磁器創始者の李学武が丹精をこめて設計した牡丹磁器人物像芸術品です。盧舎那大仏の髷は波紋のようで、顔は豊満で艶があり、眉は三日月のようで、目は慈悲深く優しい光を放ち、口元は微笑をたたえ、心の内の平和と安寧を表しています。“盧舎那”はまさに幅広い知慮、光明があまねく照らすという意味です。その表情は神秘をも含み厳粛な中に慈悲深さを持ち、慈悲深さの中に威厳が見え、威厳の中にまた一種の神聖と勇ましさがあり、これは神性と人間性が完璧に結合した模範であります。

11-01

Vorbehalt aller Rechte :洛陽牡丹磁器株式会社 豫ICP:11019669号